大陸の観光客はイナゴか?

香港大陸

香港の人って、もしかして大陸の人を嫌っているんですか、藁。
イナゴと言い切ってしまうんですからねえ。
大陸の観光客が去ったあとは荒れ放題とか、苦笑。

大陸から押し寄せる観光客に嫌気か 香港でデモ 侮辱的言語が問題に

【大紀元日本2月20日】一部の香港人が16日、大陸からの観光客が香港住民の生活に多大な影響を与えたとして、繁華街の尖沙咀エリアで抗議デモを行った。デモ参加者は大陸観光客を「イナゴ」と例え、活動を「イナゴ駆除」と名付けた。デモは香港の親中派団体と現場に居合わせた大陸観光客に阻まれ、双方が口論を繰り広げ、もみ合いになった。

 この事件に対し、香港特別行政区トップの梁振英行政長官は18日、デモを非難し、法律に基づいて対応すると述べた。香港保安局の局長は「イナゴ駆除」と呼ばれたデモは観光客に衝撃と屈辱を与えたばかりか、地元の経済活動や公共秩序にも影響を与えたため、「非難すべき行為だ」と強調した。

 同事件は中国国内メディアに報道された後、インターネットで大きな波紋を広げた。多くのネットユーザーは、旅行や買い物で香港経済の繁栄に貢献しているのに、香港人に「イナゴ」と呼ばれ、嫌われていることに困惑し、不満を示した。一方、大陸観光客が香港の風習を守らないことやマナ―の悪さが香港人の嫌悪感を呼んだのではないかと冷静に分析するユーザーもいた。

 「公共秩序を守らず、相手が苦労して維持してきた環境を汚したから、抗議されても仕方がない。私は大陸人だけど、我々は反省してから相手を批判したほうがいいと思う」

 「大陸観光客のマナーが悪いのは事実だけど、他人を侮辱する彼らのマナーも考え物。でも、国産は本当に頼りにならない。さもなければ香港に行ってバカにされたい人はいるのか?」

 香港英字紙のサウスチャイナ・モーニングポストは、「世界に大きな利益をもたらす中国人観光客の非常識な行動を、世界は大目に見るべきだ」と社説で説いているものの、香港のみならず、世界各地で中国大陸観光客のマナーが問題になっていることは間違いない。


スポンサーサイト
テーマ: 東アジア各地 - ジャンル: 地域情報

ウランバートルの空は...

ウランバートルの大気汚染

うかつな話なんですが、
モンゴルの首都ウランバートルの人口は、すでに130万人を越え、
しかも、モンゴルの全人口の40%が集中しているということに、
いままで知りませんでした。
そして、近年、ウランバートルに移住してきている人々の多くが低所得者層で、
板塀やゲルの粗末な住居に住んでいるということだそうです。
となると、カトマンズの例でもわかるように、
当然の如く、深刻な大気汚染とうことになります。
北京よりもはるかに深刻な状況とも言われています。

大気汚染「中国より深刻」 モンゴル、石炭暖房で

モンゴルの首都ウランバートル市が「中国以上に深刻」(政府幹部)と評される大気汚染に見舞われている。大量に流入する地方出身者が暖房用に石炭や木材を燃やし、盆地の地形に排煙が沈殿するためだ。政府は汚染対策を最優先課題と位置付けて無煙ストーブの設置などを進めるとともに、日本にも改善への協力を求めている。
モンゴルの気象・環境調査庁によると、直径10マイクロメートル以下の粒子状物質「PM10」が1月に複数回、大気1立方メートル当たり2千マイクログラムを超え、世界保健機関(WHO)の環境基準(年平均20マイクログラム)の100倍以上となった。PM2.5や二酸化硫黄、二酸化窒素もWHOの基準を大きく上回っており「世界最悪」(政府関係者)という。
だが、人体への影響調査を始めたのは昨年からで、汚染観測も「不十分で正確な数値とはいえない」(日モンゴル関係筋)のが実情だ。(共同)

テーマ: 海外情報 - ジャンル: 海外情報

日本の巡視船をベトナムへという話

ひだ型巡視船

なんでも、日本とベトナムとの間で、海洋安全のための二国間協議を、
ハノイで開くそうなんですが、
そのときに、日本からのおみやげとして、
中古というか使い古しの、w、巡視船を提供しようという話が有るみたいです。
もう10数年も前の話ですが、
中国の人民日報が、日本の海上保安庁の巡視船は、非常に優秀であるというという記事を載せた記憶があるんですが、
きっと、中国の関係者は、よりによってこの時期にそんなことすんなよと、
腹を立てていることと思います、苦笑。
それにしても、最近の安倍ちゃん、妙に強気ですね。
中韓の脅しには屈しないと国家答弁してみたり、
沖縄にオスプレイ増派を容認してみたり。
第一次安倍政権とはまるで違う人のようです。
強気で行くことが国民受けするとでもおもっているのかなあ。

日本がベトナムへの巡視船提供を計画 海洋に進出する中国をけん制

サーチナ 4月15日(月)15時28分配信
 日本とベトナムは海洋安全を中心議題とする初の二国間協議を5月にハノイで開くことを決定した。両国は東シナ海、南シナ海での主権主張を強化する中国に対抗するべく緊密な意思疎通を行う計画だ。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

 日本はさらにベトナムへの巡視船提供を計画している。中国政府の船舶が尖閣諸島(中国名:釣魚島)周辺の日本領海に複数回侵入しているが、これは中国の強硬な姿勢を示すものだ。日本政府の関係者は、「両国政府は協議を通じ、法律により海洋安全を保障し、中国が強硬な姿勢で海洋に進出することを防止する」と述べた。
テーマ: ベトナム - ジャンル: 海外情報

尖閣に上陸した活動家のその後.....

曽建成さん

この小太りのおじさんをご記憶の方も多いと思います。
真夏の暑い中、尖閣に上陸しまして、
あげく入管法で捕まり、
香港に強制退去させられた曽建成というおっさんです。
テレビで見ているだけでもなんともうざったいおっさんだったのですが、
このおっさん、じつは、いちようかつては香港議会で、
議員を務めていたちゃんとした政治家?!なのです。

さて、このおっさん、
とりあえず、香港に戻ってからもでかいつらしてテレビに出まくっていたわけですが、
先頃行われた再起を賭けた香港議会選では、
またしても、落選してしまったんです。


尖閣上陸の活動家落選 香港議会選
2012.9.10 14:51 [アジア・オセアニア]
 
9日投開票の香港立法会(議会)選挙で、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)に8月上陸した香港の団体「保釣行動委員会」のメンバー曽健成氏の落選が決まった。
 曽氏は直接選挙枠で、中国共産党や香港政府を厳しく批判する急進的な民主派、社会民主連線(社民連)から出馬した。
 尖閣諸島に上陸して日本側に逮捕された後、強制送還となり、香港メディアには「英雄」として取り上げられたが、選挙戦での支持拡大にはつながらなかった。(共同)



保釣行動委員会のメンバーだから、中共の覚えもいいのかと思っていましたが、
じつは、あんまりうまくいっていなかったんですね、苦笑。
ということは、復活目指してのパフォーマンスだったわけだ、尖閣上陸は。
で、そこんとこ、香港市民に見透かされてしまったわけだ。
おまけに、中共にも相手にされなかったわけだ.....。
うーん、香港は一筋縄ではいかんですなあ。

テーマ: 香港 - ジャンル: 海外情報

タイの性転換者美人コンテストの話

今回のネタは、ただただ見入っていただければよろしいかと。
さすが、タイ! とうなるしかないのでしょう。
とくと、ご覧あれ。

タイの性転換者美人4

タイの性転換者美人1

タイの性転換者美人5

タイの性転換者美人3

タイの性転換者美人2

というわけで、バタヤで行われた性転換美人コンテストからでした。
テーマ: タイ - ジャンル: 海外情報

冒険一杯の通学ーインドネシア・バンテン州

久しぶりに極東以外のネタです。
インドネシアが東アジアに入るのかどうか定かではありませんが、
とりあえず、すごい画像なんで、見てください。
まあ、ネタ元は、中国の蘇州日報なんで、藁、
あいかわらずの中国がらみではありますが。

さて、インドネシアのバンテン州をご存知ですか。
ほとんど、インドネシアに知識が無い私なんで、
かつて、ジャワ島の西部にバンテン王国というイスラム系の国があったなんてことはまるで知りませんでしたし、
ましてや、この州にあるCiberang河という河が、
ラフティングのメッカであることも知れませんでした。
まあ、ラフティングは早い話
ボートによる渓流下りなのですから、
けっこう自然溢れる山岳地帯があるんだなあと思うわけなんです。
というわけで、Ciberang河でかす。

    ↓
    ↓
    ↓
    ↓
    ↓

Ciberang2

見事な自然が残っている.....
ん?
この壊れかかった橋を渡っているのは子供?

Ciberang3

なんだかすごい光景です。
もしかして、この橋を渡らないと
近くの町までいけないというわけ?

Ciberang1

うーん、
ラフティングやるよりずうっとスリル満点じゃないですか。

一抜けたぁーと。w
テーマ: インドネシア - ジャンル: 海外情報

中国産動物用飼料を軍人らに配給ー北朝鮮

国旗北朝鮮

ちょっと信じられない....といいつつ、
さもありなんと思う私がいます。
今冬の朝鮮半島はとっても寒いそうです。
飼料とはいえ、食べられないものではないですから.....。


「北朝鮮、中国産動物用飼料を軍人らに配給」
中央日報日本語版 2月9日(水)13時40分配信

北朝鮮の食糧不足事態が最悪の状況となっている。北朝鮮が中国から家畜用飼料を輸入し、食糧と偽装して軍人に供給していることがわかった。米国には「監視を受け入れるので食糧を支援してほしい」と要請した状態だ。

ラジオ自由アジア放送は、北朝鮮の両江道(ヤンガンド)地域の消息筋の話として、「1月末から税関を通じて包装容器に木の棒の商標がついている中国産のコメが大量に輸入され軍部隊と突撃隊らに優先供給されている」と伝えた。このコメは石ともみがらがほとんどの動物飼料用というのが消息筋の証言だ。

消息筋は、「これまで中国商人らは価格が合わないという理由で北朝鮮への食糧輸出を拒否してきた。しかし昨年の自然災害により中国で処理できない低質不良食糧が増えた」と話した。その上で、「中国当局が自然災害でまともに実らなかったコメを飼料用に使うように措置し、この飼料が安値で北朝鮮に流入している」と主張した。「このコメは石が多く混ざっており、何度コメを研いでもまずくじゃりじゃりする」と付け加えた。

両江道の別の消息筋は、「北朝鮮側にコメを持ち込む際に、包装に(飼料であることを示す)動物の絵を入れないことを要請した。包装だけ見れば飼料なのか人が食べる食糧なのか区別できない」と話した。しかし、「貿易労働者の家族と密輸屋を通じて住民たちが食べているコメは飼料用といううわさは大きく出回っている」と伝えた。

咸鏡北道会寧市(ハムギョンブクド・フェリョンシ)の消息筋は、「一般米は中国で1袋(25キログラム)120元以上だが、いま入ってくる飼料用米は1袋75元にすぎない。市場で売られるコメのうち良いコメは全部密輸屋が持ってきたもので、税関を通じて輸入された食糧は悪いコメ(飼料用)」と主張した。合わせて「“私たちは国が放牧する動物”と露骨な不満を出す人々がいるかと思えば、“そのようなコメでも食べられるので幸い”という人々もいる」と現地の反応を伝えた。



この中国産飼料に過剰な農薬が使われていたとしたら.....。
十分にその可能性あり、です。
私のもうひとつのブログには、関連の記事を掲載しておきました。
あわせてどうぞ。
テーマ: 気になったニュース - ジャンル: ニュース

延坪島砲撃の疑問点

「尖閣諸島の領海内に中国海軍が浸入、
 日本はただちに中国側に抗議したが、中国海軍は領海を主張し、
 実弾使用の軍事演習を実施した。
 それに対して日本政府は.....。」

今回の北朝鮮の延坪島砲撃は、日本に置き換えてみると、
こんなかんじなのでしょうか、苦笑。
まあ、日本が中国に対して報復攻撃をするというシナリオはあり得ないでしょうが。

李大統領

11月23日朝、
北朝鮮は、韓国政府へ延坪島周辺海域での軍事演習中止要請を行っています。
これに先立つ8月9日にも、
この海域での軍事演習は緊張をもたらすので、
軍事演習をしないよう、要請を北朝鮮は行っています。
にもかかわらず、韓国は、北朝鮮の要請を事実上無視して、
要請から2時間後、実弾軍事演習を行いました。
さらに4時間後、北朝鮮は報復として、延坪島の一般人居住区域に、
砲撃を開始しました。

北朝鮮の行った砲撃は、
間違っても肯定すべきことではないですが、
どうも腑に落ちない、釈然としないのは、韓国が、
北朝鮮の警告にもかかわらず、演習をこの不安定な地域で強行したことです。
北が報復攻撃するなどあり得ないと、たかをくくっていたのでしょうか。

この延坪島周辺というのは、
過去にも北朝鮮と韓国の軍事衝突が何度が起きている地域です。(延坪島海戦)
しかも、軍事境界線を双方がそれぞれ別の主張している、
いわば、国境紛争地域であるわけです。
そんな、不安定な地域であえて軍事演習を行う韓国の意図はなんなのか、
是非とも李明博大統領に尋ねてみたい。
少なくとも、北の要請をとりあえず、飲んでいたら、
一般人をも巻き込んだ悲劇は起きなかったと思うんですが。

韓国という国は、
ある時期までは軍人が大統領を務めていました。
軍事クーデターすら起きています。
まさか、軍の力が再び政府を凌駕し始めたわけではないでしょうね。←妄想w


追伸
上の画像の李大統領、なんとなく悪役づらに見えません?
まあ、2代目金よりまだいいか、w。
テーマ: 海外ニュース - ジャンル: ニュース