旅と食べることをこよなく愛する和菓子屋2代目トルファンが、 あっちこっちに脱線しながら、言いたい放題食べたい放題のネタを皆さんにご提供したいと思います
2017ダービー

今日のお話は、競馬の話なので、
興味の無い方は軽くパスして下さい、w。


ダービーが終わりました。
終わるといよいよ夏が来るなあとか、
6月には海外だなあとか思うわけですが、
昨年に引き続き、今年もいいダービーでした。

勝ったのは、レイデオロでした。
じつは、昨年のデビュー以来、ずうっと追いかけてきた馬なので、
今日の勝利は格別です。
しかも、馬単と3連複ゲットということで、
申し分のない結果でした。

2017ダービー2


私は、じつは競馬歴はとても古く、
ハイセイコーとかロングエースとか、
私が小学生の頃に走っていた馬達も、
私の記憶の中のお友達なんです。
今日のダービーを勝ったレイデオロの藤沢和雄厩舎も、
それこそ、シンコウラブリィの時代からのごひいきの厩舎でして、
ダービー2着になったシンボリクリスエスやゼンノロブロイでも、
馬券を取らせてもらっています。

昨年の春あたりから、
G1は外国人ジョッキー買いというのが私のパターンになりつつありまして、
なかでもルメール騎手とムーア騎手はほぼ絶対といっていいほど、
馬券の買い目の中に入れているのですが、
今年の場合、先週のオークスといい、今日のダービーといい、
藤沢厩舎びいきということもあって、
本当に気持ちよく馬券が取れました。
ルメール買いをしているくせに、
馬券が取れない日々が、
昨年末の有馬記念以来続いていましたので.....汗。
ちなみに、先週のオークスも今日のダービーも、
3着は言わずと知れたデムーロ騎手です。

レイデオロは、
デビューしたときから、関西のルメール騎手でした。
レイデオロは関東の厩舎の馬なので、
ルメール騎手がわざわざ関東に乗りに来て、
しかも、過去4戦、すべて騎乗していました。
もちろん、調教にも乗りに来たりしていますから、
人馬とも一体感を持ちながら今日のダービーを迎えたわけで、
だからこそ、先行押し切りという、
近年のダービーでは考えられなかった結果を出したといていいでしょう。
今後、どんな馬に変貌していくのかとても楽しみです。
なにしろ、オーロラビジョンに驚いてうろたえるような、
まだまだ気性が幼い馬ですから。
先週のソウルスターリング共々、
しばらくはワクワク気分で競馬が楽しめそうです。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

【2017/05/28 23:02】 |
トラックバック(0) |

No title
キレコミ野郎
ずっと追っていた馬でG1とれた時ってとても嬉しいですよね、わかります。
小生は昔、ずっと追っていた(投票券は買ってませんでしたが注目していた、の意)サイレンススズカを外して買った天皇賞で万馬券とりましてね、飯田橋の病院の待合室でレース見てたんですが、ひとりだけガッツポして叫んでしまいました。二度とスズカの券が買えなくなって皆唖然で無言、のなかのガッツポで一人で浮いてましたw

しかしよく3連複当てましたね、すごいですよ。
1~3着に入る3匹を全部言い当てるんですから、ユリゲラーはテレビに出る暇があったら毎週競馬やれば、何も苦労することなんかないはずです、あのインチキ詐欺師野郎!

でも、3匹当てたのに22倍ってこれまた残念過ぎませんか。
それだけカタかったということですが、小生のtoto一等全当て1.7万並みのショックだと思います、お察ししますw

かくいう小生、実は初めて淀でも行こうかと思っていたのですが、行かないでよかった。思いっきり散在するところでした。実は小生も最近はガイジン騎手中心、武外しで買うなのですが、四位は買わなかったと思います。やはり春競馬とは相性が悪いですね。秋のG1ウィークから、エンドの有馬までが小生のシーズンなので、しばらく自重してお預けします。

隊長殿
トルファン
サイレンススズカが骨折して、ガッツポーズはないでしょ、苦笑。
競馬ファンの風上にも置けない。

もともと私は騎手買いはしないほうなんです。
むしろ、厩舎買いです。
かつては、ご贔屓の藤沢厩舎の馬に、
ペリエとか岡部さんが乗ると、
とりあえず、馬券を買いたくなるわけで。
ですから、クリスエスとかロブロイの時代は、
大きくは儲けなかったものの、
まずまず儲けていたんです。
私が馬券的にコケ始めるのは、
藤沢厩舎の馬が重賞を勝たなくなってきたときからです。
その点では、
今年のオークスとダービーは、見事としかいいようがなかったです、藁。
次週は安田記念ですが、儲けたお金はほとんど引き上げて、
買いたいものをさっさと買って、
ちょっとだけ馬券買ってお茶を濁します。

ダービーが終わったら、
もう来年のダービー馬探しが始まります、w。


コメントを閉じる▲
第83回日本ダービー

4年ぶりに日本ダービーの馬券、当たりました。
今年は、穴は来ないという確信のもとに、
サトノダイヤモンドからマカヒキ、エアスピネル、ディーマジェスティヘ馬単、
抑えでサトノとマカヒキの馬連3000円を買いました。
先週のオークスもチェッキーノから買って、
少しだけ儲けましたので、とても素敵な5月です、藁。

川田騎手

川田騎手は、ダービー初制覇。
おまけにクラシック全制覇です。

じつは、心のどこかでダービー24回騎乗して、
まだ未勝利の蛯名騎手を応援していたのですが、
いざ馬券となると冷徹になってしまいました。
マカヒキは、間違いなく凱旋門賞を目指すんでしょうね。
そういえば、ディーマジェスティも目指すみたいです。
今年は凱旋門賞は勝てそうな気がしますが、はたして.....。

FC2blog テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

【2016/05/29 22:01】 |
トラックバック(0) |


切れ込み隊長@MS950XL
大当たり、おめでとうございます。
小生もサトノから流そうと思ってましたが、結局買いませんでした。
馬連7倍ですから様子見で良かったのかもしれません。
というのは負け惜しみで、やはり当たればうれしいもの。
小生は損もしませんでしたが得する機会を失いました。

それにしても、またもや里見はダービーダメでしたね。
なかなか人生、うまくいかないモノ・・・とは言いたくないですね、あれだけカネ持ってるんだからさ。
まだ競馬で優駿獲りたいとか、どんだけ欲深いんだかw

No title
-
隊長殿
ダービーと有馬記念に、様子見というフレーズは私にはありません、w。
とにかく馬券を買って当てること、それに尽きます。
きちんと予想して当てることこそ、最優先なんです。
もちろん、高配当が取れれば越したことではないんですが、
低配当でも当たれば許せてしまう、そういうレースなんです。

コメントを閉じる▲
トランセンド

私の競馬歴は、じつはハイセイコーとかロングエースからですから、
すでに40年は軽く過ぎています。
じつにいろいろなファクターで馬券を買っていますが、
それは厩舎買いであったり、騎手買いであったり、
あるいは、東スポ買いであったりします、苦笑。

かつて、ダートで活躍した馬にトランセンドがいます。
それこそ、何度となく馬券を取らせてもらいましたが、
その鞍上が藤田騎手でした。
もともと、若い頃から癖のある騎手だなあと思っていましたが、
じつはその癖がなんとなく好きで、
ある時期、藤田買いをしていたこともありましたっけ。
競馬界に一家言ある騎手でしたので、
彼に批判的なオーナーや牧場もありましたが、
そのせいかいつのまにか騎乗機会が減っていて、
つい応援したくなったりしていました。

ところが、今日、突然引退を発表しました。
いつでしたか、藤田騎手かが北海道が大好きだという記事を読んだことがありましたので、
今年の北海道開催最後である今日を引退の日に選んだのも、
彼らしいといえば彼らしい......。
彼の大好きな競馬のために、
これからは積極的にメディアに登場してくれることを節に祈っています。

藤田伸二引退メッセージ
   ↓
http://uma-jin.net/pc/retirement_message.do

【2015/09/06 22:25】 |
トラックバック(0) |


切れ込み☆隊長
小生の競馬歴は25年程度ですから、二代目の半分くらいですかね。それでももう25年経ったか、随分時間の経つのは早いものですね。

小生も、厩舎買い、騎手買いとかやりましたが、厩舎買いだけは当たった記憶無いです。ここに2頭出してくるというのは、相当自信がある証拠だ、とか実しやかなガセネタ掴まされたりw

その点、競馬新聞買いは結構信用できたと思います。というか信頼できるのとそうでないのとがハッキリしてたような。勝馬とかエイトなんか全然ダメでしたが、小生はゲンダイにはお世話になりました。そして実は東スポもあながち捨てたものではないのが定説ではないでしょうか。東スポにとって、日付の次に信頼できるのが競馬じゃないですかね。東スポの売りと言えばプロレスですが、プロレスはまぁ、結果載せるだけだから信頼もヘッタクレもないですけどw

ところで藤田ですけど、まぁ周囲で見てる分には面白い輩、ヤンチャなアンチャンでしたが、当事者や関係者にとってはもうね、定年を待たずにこの若さで辞めてもらって、宝くじが当たったような心境だったと思いますよ。最近、外人騎手が免許もらって勝ち鞍を奪われるカタチになった中堅騎手にとっては、藤田というそれなりに実力も経験もある騎手が居なくなることは、即ち競争が一つ減ることになりますからね、二度オイシイ話だと思います。


トルファン
私、昔から競馬は競馬新聞を買っていませんでした。
ガキの頃からスポーツ新聞オンリー、もちろん安いからですが、
当然、小学生や中学生が競馬新聞を買う度胸も無かったし、
仮に親に見つかれば.....w。
最初は東スポすら買えなかった、藁。
ガキの頃はジャイアンツファンだったこともあって、報知を買うことが多かったです。
親父もジャイアンツファンでしたし。
途中から大川慶次郎ファンになったのでサンスポに乗り換えまして、
さらに東スポへと移行したのは大学に入ってからです。
当時、プロレス全盛でしたからね。
長州、藤波、タイガーマスク、アンドレ、ハンセンなどなど。
個人的にはエルグラン浜田が好きでしたが、苦笑。
もちろん、エロ面は今よりずうっと充実してましたね、東スポは。

今のJRA、若手が全然伸びてきませんね。
当時の武とか横山とか藤田とか四位がすごすぎたのかもしれませんが。
騎手買いといえば、クラシック以外の一番人気にならない後藤買いというのがありましたけど、
後藤君、いなくなってしまったからなあ、涙。
今、つい応援したくなるのは柴田善臣かなあー。
ダービー取らしたいなあ、善臣君に。

コメントを閉じる▲
クレスコグランド

もうすぐ日本ダービーの発走です。
今年の私のこの一頭は、クレスコグランドです。
究極の上がり馬、ということで応援します。
もちろん、オルフェーブル、ナカヤマナイトへと流します。
さて、結果はいかに。







というわけで、日本ダービーは終了しました。
勝ったのは、

オルフェーブル1

なんと、皐月賞馬オルフェーブルが2冠達成です。
後ろから5番手くらいのところでずうっと走っていたのに、
直線一気、切れまくりでした。

で、和菓子屋はといいますと、
クレスコグランド、オルフェーブル、ナカヤマナイト、そして、ウインバリアシオンのボックス買いをしてましたもので、
数年ぶりに日本ダービーの馬券を取らせていただきました。
あーぁ、気分いい!
ごつぁんです。

FC2blog テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

【2011/05/29 15:26】 |
トラックバック(0) |


コト
888888888888わぁ~いぃぃぃ!
おめでとうございますv-82
にしても、この2枚目の滑走中の写真
かっこいいですなーーーーーーーv-67


トルファン
コトさん

馬の走っている姿って、私に言わせると芸術そのものです。
もう、ガキの頃からこの姿に見せられているわけで、
もちろん、馬券も当たればこしたことはないですが、
地方のマイナーな競馬場でもいいですから、
サラブレッドの走る姿、滑走する姿を眺めていたいものです。


切れ込み隊長
それにしても、競馬って効率悪いですね。
18頭立てとか、アホかと。

馬の走る姿もいいですが、やはり小生は、ネコがまったりしてる姿がいいなぁ。

コメントを閉じる▲
ビクトワールピサ

ついに日本の競走馬が、世界最高賞金のレース「ドバイワールドカップ」を制してしまいました。
その名を「ビクトワールピサ」。
この馬、昨年中は、勝つんだけど、圧勝しない、
負けても大負けしない、そういう馬だったんですが、
見事、暮れのグランプリ有馬記念に競り勝ってから、
なんだか、一皮剥けてしまったみたいです。
とにかく、競り合うと、異常に闘志を燃やすのか、
グンッと指し返して来るのです。
一着賞金がたしか360万ドルですから、もうそれは大騒ぎ、
種牡馬としても、引っ張りだこになってしまうでしょう。
きっと、秋は、凱旋門賞に挑戦するんでしょうね。
で、2着も日本の馬なんです。
トランセンドという馬なんですが、
こちらも日本のピックレースを勝ち上がってきての参戦。
画像で言うと右側です。
ほんと、こちらも強いレースをしました。
なにしろ、先頭でレースを引っ張ったわけですから。
2着賞金も120万ドルですから、
こちらもまた、すごい。
いやあー、とってもうれしいニュースでした。
まあ、競馬ファンじゃないと浮かれないネタではありますが。


FC2blog テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

【2011/03/27 20:56】 |
トラックバック(0) |


切れ込み隊長
このネタに反応すんのも小生くらいかw
2着で120万ドルてのもスゴいっすね。
昔、GⅠで1着賞金が1億を超え、世界で一番賞金が高い日本のケイバなんて言ってた時代が20年前ですから。
時代は変わるもんですね。

というか、この馬のサンデーサイレンス系なんですね。
SS系とはいえ、父方の「お爺ちゃん」がSSですから。
時代は変わる...。

デムーロは、お父さんのネオユニバースから乗っている。
それは変わらない...。

でもこの馬、有馬の前のJCとか凱旋門賞あたりまでは連戦連勝の馬だったわけでしょ。一皮ムケたってのはかわいそうですよ。

あ、ダービーからJCまでG1レベルでは勝てなかった、という意味では確かに一皮ムケたのかも。

品川整形外科でも行ってムイたんですかね?



トルファン
この馬、
皐月賞馬なんですが、そのあと、
急に勝てなくなってしまったんです。
いわゆる、今一君になっちゃったです。
ところが、有馬で僅差で勝ってしまったら、
なんだか、また勝負強くなってしまったみたいで。
とくに前走の中山記念なんか、
いままでにない強い勝ち方でした。
今、一番いいリズムなんですね、この馬。

コメントを閉じる▲
ペルーサ1

今日は日本ダービーです。
1年で一番競馬ファンが浮つく日かも知れません。
和菓子なんて作っている場合ではない、藁。

今年は「ペルーサ」を応援します。
じつは、毎年、1頭、新馬戦から応援する馬を決めて、
ダービーまでの道のりを楽しむことにしているのですが、
いままで応援した馬がまともにダービーに出たことがありません、w。
ところが、昨年11月、この一頭と決めた馬が、
堂々ダービーに出走してきました。
それがペルーサです。
おかげさまで新馬戦以外は、たいした額ではありませんが、
この馬で利益を出してきました。
というわけで、あと1時間後に始まるダービーも、
もちろんこの馬とともに行きます。
もちろん、1着付けで。
相手は、若葉ステークスで好勝負をしたヒルノダムール、
そして、名馬エアグルーヴの子供、ルーラーシップ、
ちょっとだけシンボリクリスエス産駒のアリザオ、
人気のビィクトワールピサが来たら.....、
あきらめます、藁。
というわけで、例年以上に入れ込んでいる和菓子屋でありました。

FC2blog テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル

【2010/05/30 14:33】 |
トラックバック(0) |


道楽者
上の空で怪我しない様にネ~orz


トルファン
お陰様で惨敗でした、苦笑。
競馬は難しい.....。


切れ込み隊長
小生も競馬は少しカジりますが、コアなファンのようにウマや騎手に対する思い入れはほとんど無く、純粋にギャンブルとして見ていますのでイマイチ良くわからないところがあるんで教えてください。

なんで、みんなダービだけ特別視するんでしょうか?
小生的には、やはり夏の放牧を終えて準備万端で来ることができる秋の天皇賞とか、その一年を締めくくる有馬記念のほうが、より意味があると思うんですけど...。

基本的に、4歳馬オンリーとか牝馬限定とか、限定されたメンツの中で勝ちぬいてもあまり「最強」とは思えないんですけどね...

まぁ、逆に一生に一度しかないチャンスをモノにするという意味合いはあるわけですが、そういう意味ではやや甲子園の優勝投手なんかに近い感覚があるでしょうか。




トルファン
隊長殿

ダービーをなぜ特別視するか.....うーん、
よくわかんない、w。
あえていうなら、3歳牡馬の定量戦だから、ということになるのかなあ。
通常、どんなレースでもハンデキャップはあります。
実は、ダービーのあるんですが、
これは牝馬が出走した場合に限って、です。
たとえば、秋の天皇賞は、3歳馬は55㎏です。
古馬は、57㎏ですから、
この時点で完成している3歳牡馬は有利ですよね。

まあ、一番妥当なのが一生に一度のチャンスだから、でしょうね。
別にダービーを勝ったからと言って優秀な種牡馬になれるわけでもないですが、
とりあえず、初年度の種付けは注目されるでしょうね。

コメントを閉じる▲
福永洋一

年齢がほとんどばれますが、
私、リアルタイムで福永洋一ジョッキーのレースを見ていました。
もちろん、テレビですが。
画像は、今から四半世紀以上前の、w、京都新聞杯の時の画像です。
当然、このレースは、テレビ観戦してました。
馬券は買えませんが、それでも、トウショウボーイの大ファンでしたから。
とにかく、大レースでの福永ジョッキーは、とても華がありまして、
私なんぞの印象としては、武豊の若い頃よりさらに光っていた、
というかんじです。

ご存じのことと思いますが、
福永洋一は、たいへんな落馬事故で騎手生命を断たれてしまいましたが、
息子がちゃんと騎手として頑張っています。
関西でもベスト5に入るジョッキーかと思います。
残念ながらお父さんの天才肌を受け継いだとはいえませんが、
きっちりと競馬をしてくれるジョッキーかと思います。
その息子の福永祐一が、お父さんのための記念レースを開催するため奮闘し、
ついに、明日5月10日、高知競馬場で行われることとなりました。
夜の8時からのナイターレースなのですが、
当日、高知のあたりにいる方、
是非、応援しに行ってみてください。


いきてえなあ。

FC2blog テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

【2010/05/09 16:05】 |
トラックバック(0) |
続けて動画を掲載したいと思います。
今日のJRA中山競馬場の第4レースは、
メイクデビューと言われている新馬戦、
すなわち、初出走の馬たちだけのレースだったわけですが、
このレースで9頭もの馬が落馬するという事故が起きてしまいました。
おそらく、JRA史上最悪の落馬事故だと思われます。
昨年のリーディングジョッキーである内田博幸騎手も巻き込まれまして、
腕を骨折したとか。
そのほか、何人かの騎手が怪我をしています。
正月早々、あまり競馬界にとってはいいニュースではありませんね。
落馬事故で怪我をした騎手の方々の早期復帰があらんことを.....。



FC2blog テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

【2010/01/11 23:27】 |
トラックバック(0) |


切れ込み隊長
この動画も見られないんですが、落馬事故というと岡潤一郎の事故を思い出します。ここで「福永洋一を云々」と言いださないだけまだ若いということで...w

でも9人も落ちて命に別条無しというのは不幸中の幸いですな。

こんな事故起こして、三浦はほしののこととか言われるんじゃあないですかね。曰く遊びすぎやとかうわついとるやらなんやら。小生は、そんな年上やめとけ、と言いたいw 自分、30歳になったら相手

なんの話やw


切れ込み隊長

相手何歳やねん、って書いたつもりが書けてませんでした。
このPCも6年で寿命か...


トルファン
隊長殿*
私のパソコン、もうじき6年目です。
まあ、もうちょっと動いて欲しいですね。

それはそうと、競馬って、あれだけ過激な競争をしている割には、落馬での死亡というのが少ないですね。
岡潤一郎や福永のお父さんの一件などは、
珍しいほうとも言えます。
だからこそ、16頭立てで9頭落馬というのはビックリなんです。
今回のレース、詳細にチェックしますと、
三浦騎手はそれほど悪質な騎乗はしていません。
4コーナー手前で内側・先頭を走っていたわけですが、
パトロールフィルムを見る限り、それほど大きな斜行はしていません。
三浦騎手騎乗の馬のけつが、少し振られた程度にしか見えません。
ただ、後続の勝浦騎手の馬がかなりいい足で接近していたので、
コーナーというせいもあり、こけてしまった、と言うことなんだと思います。
ですから、意外と三浦騎手の騎乗振りに対してブーイングはおこっていない、というのがいまのところの状況かと思います。

まあ、ほしの云々については、別にいいと思います、藁。
30歳を越えていてもあの姿態ですから、フラフラっときてしかりだと思います。
私も20歳くらいだったら、とりあえず、虜になってしまうでしょう。
でも、虜になっているのは、ほしののほうだったりして。w


切れ込み隊長
斜行といえば、昔武豊も斜行して後続がなぎ倒されたという事件がありましたよね。パトロールフィルムを見ましたがあれは武が責められて当然やな、と思いました(そん時の馬券買ってたんで、より鮮明に覚えてるんですよ)。

だから今回の三浦もああいう斜行だったのかな、と。
でもそんな大したことなくて良かったと思います。

これで重症者や再起不能者、まして死人が出たとなれば、三浦のキャリアに影響するでしょうからね。

F1では70年代、80年代初期に死亡事故が多発してから、そして90年代に入ってラッツェンバーガーとセナが立て続けに死んでから、マシンやヘルメット等だけでなく、コースレイアウトに至っても手が加えられ、F1全体の安全性が格段に向上したと思います(飛んできたタイヤに当たってコースマーシャルが死んだという事故はありますが)。

競馬についてはよく分かりませんが、岡騎手の事故もおそらく教訓にはなってるでしょうけど、案外大した事故にならなかったが故に事故を軽視しないで欲しいですね。

事故は未然に防ぐことが第一ですが、事故は起きるものでもあります。もっとキチンとしたメットをかぶせてやるべきじゃあないかなぁ、騎手に。


切れ込み隊長
今、JRA公式サイトで落馬事故の様子を見ました(エエとこあるやんJRA)が、あれは斜行なんですかね?なんか馬がへんなとこ踏んでヘタった影響で、ほぼピッタリくっついて外側を並走していた馬が影響を受けた、というものじゃあないですかね。
運が悪かったな。

ありゃあほしのが慰めてくれるでしょうな。



トルファン
JRAの取ったペナルティー、
意外とというか、事故の大きさの割には軽いですね、三浦騎手に対しては。
あれだけの事故ですし、まったく悪くはないかというとまあかわいそうだけど、ちょっとだけ過失はありそうなので、
2週間の騎乗停止ということに落ち着いたのでしょう。
このレースの場合、大きな落馬事故になってしまいましたが、
競馬って、よく見ていると、けっこう危険なスポーツです。
私、以前、大井競馬場で目の前で落馬事故を見たことがありますが、
普通に走っていて、突然、馬ががくっとなって骨折、
騎手が投げ出されたシーンを見たことがあります。
つい声を上げてしまてましたよ、そのとき。

いずれにせよ、
三浦君、暇が出来てしまったから、
ほしのさんとデート、なんてしてたら、
フライディされそう、藁。

コメントを閉じる▲