水戸駅で日の丸弁当を買う

万年屋1

久し振りに駅弁のネタでも.....。

水戸駅では、すでに構内での駅弁の販売をしていないのですが、
改札近くのコンビニで駅弁が売られています。
かつて水戸駅の名物駅弁といわれた印籠弁当も売られていますが、
今回は、540円で売られていた日の丸弁当に心が動きました。

万年屋2

上野行きの常磐線のグリーン車の2階で、
ゆったりとした気分でお弁当を広げたわけですが、
2階には3人しか乗っていませんでした、汗。

さて、日の丸弁当です。
まさに水戸名物梅干しと、佃煮にし見えません。
これで540円なのかと怒る方もいるかと思いますが、
この白さ際立つご飯がなんとも冷めていても旨いんです。
しかも、梅干しも久し振りの上質なものでした。
へんに甘さというか食べやすさ追求みたいな梅干しではなく、
しっかりと酸味と塩気が主張し、
ご飯といいコンビネーションになっています。

万年屋3

さらにご飯をはぐると、
鶏そぼろ&れんこん&ゴボウの甘辛煮が挟まっていまして、
単純な日の丸弁当から見事に離脱しています。

というわけで、瞬く間に食べてしまったのは言うまでもありません。


スポンサーサイト
テーマ: 駅弁 - ジャンル: グルメ

万葉軒の駅弁.....

奈美悦子的駅弁

このブログにちょくちょくコメントを残してくれる、
素敵かもしれない紳士がひとりいるのですが、
どうも、この方、万葉軒のとんかつ弁当500円也の安さに、
とてもご執心のようなんです。
確かに、このとんかつ弁当、破格の安さなんです、駅弁としては。
そのほか、菜の花弁当という、とりめし的お弁当がありますが、
これも650円とかなり安めです。

で、本日のネタは、 雑穀美食弁当 というお弁当です。
見た目、ヘルシー感たっぷりなんですが、
じつは、私、食べたことがありません。
なぜか.......。
それは、万葉軒的駅弁に馴らされると、
この駅弁がとても万葉軒のものとは思えなくなるからです。
お値段1200円.......これなら菜の花弁当に向かってしまう私です。w


追伸
この 雑穀美食弁当、あの奈美悦子さんが監修だそうです、ハイ。
テーマ: 駅弁 - ジャンル: グルメ

箱根湯本駅で「とりめし」を買う

DSCN3914.jpg

箱根湯本駅の構内で駅弁を見つけました。
とりめしを見つけた以上は買わざるをえません。

DSCN3915.jpg

しかも、夕方近くだったこともあって、
定価770円のところ、一割引で売られていました。
そぼろも鶏肉も上品な味付けでした。
駅弁としては、もうすこしなんらかの主張があって良かったかなと.....。



テーマ: 駅弁 - ジャンル: グルメ

苗木城本丸でお弁当を広げる

笛木城30

苗木城の本丸に着いたら、
是非とも実行しようと思っていたことがあります。

本丸で駅弁 !

笛木城31

朝、7時半、名古屋駅の特急が発着するホームで、
そそくさと購入したのが、この「みそかつエビフライ弁当」です。

笛木城32

まったくもって味噌ヒレカツとエビフライという黄金の名古屋名物ですが、
エビフライの片方が味噌味では無く、
タルタルソースがついているところが憎いんです。
山頂付近は突風でおちおち駅弁なんて食っていられるか、
なんてことにはまったくならなくて、
驚くくらい穏やかで薄日の差す山頂でした。
テーマ: 駅弁 - ジャンル: グルメ

駅弁の旅は続く...高崎でとりめし

たかべんとりめし3

月曜日に鉄オタになりきり、茅ヶ崎から一気に乗り継ぎ乗り継ぎしまして、
高崎にやってきました。
八高線に到着したホームで駅弁は売られていなかったので、
(駅蕎麦があったので心がときめいてしまいましたが、w)
コンコースにある駅弁屋さんに直行です。
高崎駅というと、昔からだるま弁当と相場が決まっているみたいですが、
同じように昔からとりめしも販売されていました。
それこそ、小学生の頃から、このとりめしをゲットするのが、
特急ときや急行佐渡に乗るさいの義務でしたので、w、
今日も今日とてとりめしを目指すわけです。
それにしても、横川駅の峠の釜めしも売られているとは思わなかったです。

たかべんとりめし1

というわけで、相変わらずのパッケージに相変わらずのたたずまいです。
少なくとも四半世紀は変わらないたたずまいだと思います。
副食にとりつくね、そしてこんにゃくと栗.....。
鶏そぼろは、あまたある駅弁のとりめしの中で最強だと思っています。

たかべんとりめし2

もちろん、2種類の鶏肉の焼き物も心から堪能出来ます。
関東近県では宇都宮のとりめしも美味しいですが、
やはり、関東ナンバーワンだと思います。
とりめしベストスリーは、高崎・大館・折尾ですね、私の場合は。



テーマ: 駅弁 - ジャンル: グルメ

久しぶりに横浜で崎陽軒の駅弁

崎陽軒横浜1

昨日紹介した相模線ー八高線の旅で、
横浜で衝動的に下車しまして、おなじみ東海道線の下りホームの崎陽軒で、
当然の如く、駅弁を購入しました。

崎陽軒横浜2

普通ですと、シュウマイ弁当か中華弁当へ走るのですが、
季節限定の「おべんとう・秋」なるものを発見し、
しかも、駅弁価格としては格安の680円なので、
いそいそとデイパックにしまいこみました。

崎陽軒横浜3

八高線高崎行きの車内はクロスシートなので、
駅弁を満喫できるわけですが、
さすが崎陽軒です、ちゃんとシュウマイ入りの駅弁でした。
鶏肉としめじの炊き込みご飯もうれしい美味しさでしたが、
異色はやはり左上の大学芋です。
これには一本取られました。

崎陽軒横浜4

もちろんシュウマイも崎陽軒ですし、
おかずのバリエーションの豊富さとこの価格は、
他の駅弁の追随を許さない、w。
さすが崎陽軒とうなるしかありませんでした。

テーマ: 駅弁 - ジャンル: グルメ

熱川駅で駅弁発見....さんまのあぶり棒寿司

熱川のさんまのあぶり棒寿司

久しぶりに駅弁ネタです。
もう2ヶ月も前になりますが、伊豆熱川に温泉に入りに行ってきました。
アルファリゾート21という伊豆急の列車に乗りたくて、
わざわざ日帰りしたのですが、
帰りに熱川駅の売店をのぞいてみたら、駅弁が売られていました。
お土産にと思いまして購入したのが、
あぶりさんまの棒寿司、520円でした。
駅弁としてはかり安いお値段なんです。

さんまのあぶり棒寿司

脂ののったさんまの棒寿司を熱川で買えるとは思いもしませんでした。
しかも、最後の1つ。
なおかつ、午後3時を過ぎていましたので、半額、w。
うれしいやら美味しいやら。


テーマ: 駅弁 - ジャンル: グルメ

消えゆく直江津駅の駅弁の立ち売り

直江津駅の立ち売り

駅弁ファンとして悲しい話なんですが、
北陸新幹線開業と同時に、
直江津駅の名物、駅弁の立ち売りもなくなってしまいました。
私は何度となく直江津駅にやって来て、
おじさんから駅弁を買っていたのですが、
それも忘却の彼方となってしまいました。

というわけで、立ち売りのおじさんから最後に買った駅弁がこれです。

直江津駅弁1

釜ぶた弁当とはすごい名前ですが、
中身はぎっちり豚肉です。

直江津駅弁2

かなりのボリュームです。
そして、なんと紫蘇味噌が乗っているではありませんか。
この紫蘇にくるまれた甘味噌、知る人ぞ知る越後名物です。

北陸新幹線の開業で鉄路の要衝と言われた直江津駅も、
これからは新潟県内を走る区間特急が止まるのみという、
一地方駅へとなってしまうわけですが、
駅弁の販売も新しくできた新幹線の上越妙高駅に移ってしまうんでしょうね。
と同時に、新幹線の途中駅となると、
乗降客がよほど多くないと地味な存在になってしまうかもしれません。

ホームで駅弁を買う楽しさはもうなくなってしまうんでしょうねえ。
テーマ: 駅弁 - ジャンル: グルメ