秋祭りが近いのですが・・・

お祭りも近いというのに、
なんだか台風18号が接近中で弱ったもんです。



神前に捧げる鯛もどことなくやる気なく見えます。



雷紋の落雁も作ったんですがねえ。
スポンサーサイト
テーマ: 四季の和菓子達 - ジャンル: グルメ

奈良の今だけの和菓子「糊こぼし」

糊こぼし

奈良の東大寺のお水取りが行われると、
いよいよ彼の地も春の到来、ということになるんですけど、
いまだ、春浅し、の感が強いそうです、奈良も。

さて、このブログのタイトルが、菓子と旅の日々なんですが、
旅のネタ、カツカレーのネタばかりが目立って、
最近は、お菓子ネタが少ないなあと、まあ、私も思うわけです。
そんな矢先、茶道の先生から、このお菓子をいただきました。
そもそも、このお菓子の由来なんですが、
お水取りに参加する練行衆が作る椿の造花のことをいうそうです。
なんでも、薄紅色の花弁に白い斑点のある椿が東大寺にはあるそうで、
その椿の花が、造花を作るときに花弁にこぼした糊のあとと似ているから、
ということでついた名前だとか。

さて、お菓子なんですが、
ぶっちゃけた話、全部あんこです。
甘さを抑えたやわらかいしっとりとしたお菓子です。
こなし製というより、練り切りに近いかんじがします。
このやわらかさでこの細工をするのはなかなか難しいでしょうね。
お取り寄せ可能なお菓子なのですが、
東京の茶人好みかというと、なんとなく違う気もします。

テーマ: 四季の和菓子達 - ジャンル: グルメ

地酒ケーキの話

IMG_20160821_084706.jpg

たまにはお菓子の話をします。
上の画像は、新潟県の六日町の町外れにある「ことう」というお菓子屋さんのおまんじゅうです。
いわゆる黒糖饅頭なのですが、
皮の具合といい、塩気のあるこし餡といい、
洗練されているとはいいにくいものの、
つい買ってしまいたくなる美味しさがあります。
塩気の効いた餡、とくにこし餡は下品になりがちですが、
ギリギリのところで踏みとどまっているというかんじで、
私は大好きです。

IMG_20160821_160710.jpg

新潟県の小出というか、湯ノ谷の道の駅でみつけたのが、
地酒ケーキです。
いわゆるパウンドケーキに近いものなんですけど、
地酒エキス....アルコールが飛んでいると思われる....が、
たっぷりとしみこんでいまして、
とてもウェットなケーキに仕上がっています。
日本酒の風味が食べていると立ち上ってきますが、
そこがおそらく好き嫌いの分かれ目です。
私には、まったくといっていいほど没問題の味わいです。
しかも、酔いませんでしたから、藁、
上手に日本酒を取り込んでいるのかも知れませんね。

というわけで、
東京では味わえないお菓子2題でした。

テーマ: スイーツ - ジャンル: グルメ

ここだけの話

ジェラート

ここだけの話ですが、
1年に数回、無性に洋菓子が食べたくなるときがあります。
シュークリームとかショートケーキみたいなのではなくて、
ちゃんとしたおしゃれなコースのあとの甘い物です。
チョコムースにカシス、それにレモンシャーベットみたいな取り合わせは、
とてもうれしいです。
東京は37.6℃でしたが、こういう洒落たお菓子があれば許しちゃいます。


ここだけの話ですが、
昨日の天皇陛下のお言葉というか、ビデオレター、
ちょっと歴史的なことなんだなあと思いつつ、
陛下の強烈な意志が見え隠れしていたのではと、
つい、妄想してしまいました。
お言葉の中に象徴という単語が何度も出てきました。
そこには象徴としての天皇ということへのこだわりが感じられました。

ところで、自民党の憲法改正草案です。

第一条
天皇は、日本国の元首であり、
日本国及び日本国民統合の象徴であって、
その地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく。


現行憲法では、

第一条
天皇は、日本国の象徴であり
日本国民統合の象徴であつて、
この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。


としています。
陛下は、昨日のお言葉の中で、

「即位以来、私は国事行為を行うと共に、
日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、
日々模索しつつ過ごして来ました。」

おっしゃられています。
象徴という言葉にこだわったかに見られる昨日のお言葉と、
自民党が模索している憲法草案とは、
明らかにずれがあると感じるのは私だけでしょうか。


さらに気になったのは、
陛下があえて、

「、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ2ヶ月にわたって続き、
その後喪儀に関連する行事が、1年間続きます。」

というお言葉を後半部分に入れたことです。
このような諸行事が行われるようになったのは、
明治時代以降の話です。
明治政府が国家元首としての天皇陛下の権威を強めるために取り入れたこと、
そんな解釈も成り立つと想像します。
陛下はこのような行事の簡素化を望んでいると考えるのは、
思い過ごしでしょうか。

もしかして、陛下は、大日本帝国憲法の有り様を、
言外に否定しているのではないだろうか、
そんな妄想にかられる私です、苦笑。

テーマ: ひとりごとのようなもの - ジャンル: 日記

非売品 白玉ぜんざい

小豆を煮ましょう

1週間に1回か2回、小豆を煮ています。
つぶし餡のためであったり、最中の小倉餡であったりするわけですが、
そんなとき、ついお客さんがいると、
練り上がる前の小豆餡を少しすくい取って、
別に軽く煮て、ぜんざいを作ったりします。
これが絶妙に旨いんです。

で、お餅を焼いて入れてもいいんですけど、
たまには、白玉を作ったりして......。
和菓子屋の親父のまかないおやつとでもいいましょうか。
この旨さはたまらんぜよ。
和風喫茶を開店したくなります、w。
テーマ: スイーツ - ジャンル: グルメ

MIXED NUT BRITTLE をいただきました


ガキの頃からナッツのキャラメルをからめたやつが好きで、
よくマイケル・マクドナルドを聴きながらかじってましたが、
久しぶりにがっつり今食べています。
なんとソルトレイクシティからの舶来物です。
そういうわけで、ドゥービーブラザースをBGMにして、
あんこを炊きながら、さらに食べ続けたいと思います。
テーマ: スイーツ - ジャンル: グルメ

海ほたるでご当地ソフトクリーム

海ほたる1

夕方、羽田から帰国した日本人が発熱したそうですね。
なんでも、西アフリカはリベリアにも滞在していたとか。
当然、エボラ関連で即隔離、今、検査中みたいです。
最新の報道では今夜半過ぎには結果がでるそうです。

東京は今、台風でもないのに強烈に風が吹いています。
なんだか不気味だなあ。
なんだか、世界中がマイナス方向へシフトチェンジしちゃったみたいです。

海ほたる2

ちょっと前ですが、とある大雨が降る日、
東京湾の上にいました、w。
海ほたるは見事なくらい閑散としていました。
あんまり人がいないと不気味です。
東京湾上に隔離されてしまったみたいです。
オシャレなアルカトラスかな......。

海ほたる3

ついこういうときは甘いものが食べたくなります。
千葉県の牧場産のミルクを使った濃厚なソフトクリームです。
美味しいことは美味しいんですが、380円という値段は高級すぎると嘆くのは、
私がけちんぼだからでしょうか。
ついマクドナルドの100円ソフトを思い出してしまうのは、
さらにけちん坊だからでしょうか、藁。
テーマ: スイーツ - ジャンル: グルメ

プリンスホテルでデザート

昨日は、天安門における車炎上事件について、
くだらない考察をしてみましたが、
期待通り中共は、テロと断定しました、ウイグル人の。
北京市内のホテル、といってもウイグル人が逃げ込みそうなところですから、
それなりのホテルということになるのでしようけど、
顔写真付きで手配がまわっているそうです。
北京の北側には、ウイグル人が多く住む地域がありますから、
そこに逃げ込まれたら、なかなか見つけだすのは大変でしょうが、
そこは、中国の公安、強引の上に強引を重ねて探索中のことと思います。
濡れ衣でもなんでもいいから捕まえるかもしれませんね、汗。



プリンスのデザート2

そういうわけで、チョコレートフォンデュです、笑。
いきなりなんですが、
私、このチョコレートの噴水みたいな物にお会いしたのは初めてです。
フォンデュというくらいですから、
金串でフランスパンとかなんかを溶け溶けのチョコにつけて食べるわけです。
なんだか、とってもオシャレな気分です、苦笑。

プリンスのデザート3

流れとしては、チョコのまとわりついたパンやら果物やらをアップでご用意しなければいけないのですが、
バームクーヘンがあまりに美味しそうなのでクランベリーソースをかけて一緒にのせたら、
一気にフォンデュが地味になってしまいました。
それにしても、溶けたチョコ、アッという間にかたまるんです。
特別、冷たいことはしていないのに.....w。
結局、私としては、バームクーヘンが良かったかなと。

プリンスのデザート1

そのほか、カボチャのムースなんか、
これは意外と好きです、私。

プリンスのデザート4

マロンのモンブランなんぞもありました。

プリンスのデザート5

エッグタルトなんかも好きです、私。
以上、増上寺の隣のプリンスホテルのランチのデザートを紹介してみました。
久しぶりにまともにケーキを食ったというのがおじさんのしみじみとした実感なのであります。
テーマ: スイーツ - ジャンル: グルメ