とりあえず香港エクスプレスで・・・


これから飛んじゃいます。

スポンサーサイト

吉野家でカツカレーですか!



大井町にある吉野家では、
揚げたてのトンカツのカツカレーが食べられるのです。
で、挑戦してみたわけですが、
カレーがジャガイモ入りなのです。
なんだかレトルト的チープさを感じてしまいました。
650円なんですがねえ。

朝から小ネタをあなたに...シュールな台湾

へんなものを見つけると、
つい紹介してみたくなりますよね.....。

十分駅でシュール

台湾の平渓線のとある駅で.....

超人ハルク的駅員さん.....



台北地下街でシュール

台北駅の地下街で.....

超人ならぬ鳥人....。

性別不明.....。


以上、つづく。
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

台湾の庶民的な味は.....梁記嘉義鶏肉飯

201612台湾 (75)

台湾でめしを喰うとなると、
バリエーションがかなりあるので困ってしまいます。
四川系の美味しい店もあるかと思えば、
香港系の行きつけのお店もあったりします。
もちろん、地元台湾の人々が日常的に楽しんでいるあるんですが、
わたし的には、ついこの梁記嘉義鶏肉飯に行ってしまいます。

梁記嘉義鶏肉飯7

昨年の12月の台北でも、
結局わざわざ時間を割いて、南京松江駅近くにあるこの店に行ってしまいました。
わたしのお友達に台湾料理は薄味でねえとぼやく、
肉体労働者的発言を繰り返す方がいらっしゃるのですが、藁、
その人も満足出来るくらい、
上品とは言えない小皿料理が並んでいるのですが、
もう、こうなると、旨けりゃいいやん..的にかっ込んでしまいます。

梁記嘉義鶏肉飯1

この小碗の魯肉飯、35元なんですが、
こってりした味付けでたまらんのです。
メタボ誘発碗とでもいいましょうか。

梁記嘉義鶏肉飯6

この店の売りは、じつはこのアッサリ的鶏肉飯40元です。
これは見るからにあっさりなのですが、
しっかり鶏の汁がかかっていまして、ガツガツいってしまいます。

梁記嘉義鶏肉飯5

しかし、地元台北の皆さんは、目玉焼きに軽く醤油がかかったもの10元を、
この鶏肉飯にのせて、
濃厚な黄身で混ぜ混ぜして食べるという作戦を遂行しています。

梁記嘉義鶏肉飯3

さらに見るからに労働者向けのこの豚の角煮、
八角臭さがほとんどなく、
これなんぞも、白飯の上にのせてかっこみたい、
そんな男のサガを誘発させるような出来映えです。

梁記嘉義鶏肉飯4

台湾といえば、当然、香腸は必然です。
これがあるだけで、ビール! と叫びたくなるとかならないとか。

梁記嘉義鶏肉飯2

そして、辛くてこってり、挽肉と茄子の炒めもの、
全然四川的ではないんですが、
これまた白飯っ!といいたくなります。


というわけで、白飯がすすむ、ビールがすすむ、
そんな予感がする昼下がりでした。


つづく。
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

台北の朝、やはりお粥を....太源粥品

台北お粥1

台北の朝は、やはりお粥を.....というのが、
私の常日頃からのパターンですので、
どこのホテルに泊まっていても、
なんとかお粥を食べることの出来るところを探し当てます。

台北お粥5

さて、今回は、北門の近くに泊まっていましたので、
台北駅の北西側、太原街のあるお粥屋さんに行ってみました。
というより、たまたま偶然に見つけた、というのが近いかもしれません。
台北駅の北側は、服飾市場や生鮮食品を売る店が軒を連ねていますし、
今でこそ減ってしまいましたが、
商人宿みたいな連れ込みみたいな安宿も多く点在していました。
まあ、あのあたりに行けば、何か朝ご飯でも食えそうだということで、
グーグルマップを眺めていたら、みつけちゃったんです。

台北お粥2

お粥屋さんというと、
朝も早くから....的なイメージもありますが、
このお店は、お店のお姉さんに聞くと、9時オープンだそうです。

台北お粥3

さて、なんのお粥を食べようかなと考えた末、
一番最初に書いてあった広東粥にしてみました。
75元ですから日本円で230円くらいでしょうか。

台北お粥4

海老、イカ、肉団子、レバーなどが入っており、
油条すなわち揚げパンがのかっていまして、
とても充実したお粥です。
お粥で充実感を得られるのは、さすが中華圏なのであります。

というわけで、
「太源粥品」というこのお店、
日本では紹介されていませんが、
小綺麗な、なかなかのお粥屋さんです。
台北ではつい立ち寄って見たくなるそんなお店です。


つづく。








テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

海南鶏飯を食べに行く

慶城海南雞飯1

MRTの南京復興駅のすぐ近くに、
台北のサラリーマン御用達の海南鶏飯の店があります。
向こうの言葉では海南雞飯というのですが、
羽田から桃園、そして、その足で、
慶城海南雞飯というお店に直行しました。

慶城海南雞飯2

店内で食べる人も多いですし、
意外とテイクアウトも多いので、
行列が出来ていてもあっという間に出てきます。
さすがサラリーマン御用達です。

慶城海南雞飯3

タイ米のご飯の上に鶏が、
そして、卵焼きに海藻みたいなのと、さつま揚げ、それに塩もみの野菜です。

慶城海南雞飯4

正直いいますと、もう少しご飯に鶏の味が乗り移っていたらなあというのが、
私の印象です。
全体的に軽い仕上がりになっており、
がっつりと食べたい人は物足りないかも知れません。
これに美味しいスープがついて95元でした。


つづく。



追伸
日本でも最近、海南雞飯を食べることの出来るお店が増えてますが、
なかなかVサインの出せるお店に出会えません。
わたし的には、
かつて横浜の黄金町あたりにあったタイ料理のお店でであったカオマンガイ(海南雞飯)が、
ベストでした。
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

またしても九份へ行く

九份1

昨年の12月の台北の話です。
じつは、またしても九份に行ってしまいました。
最初にここを訪れたのは1998年のことですが、
まだ、当時はさほど有名観光地ではなく、
「非情城市」を見た人くらいしか日本人は行かなかったかと思います。
かくいう私も「非情....」を映画館で見たわけですが。
日本人的には、あの「千と千尋....」の封切られた2001年以降に、
超有名銘柄になるんだと思います。
実際、2002年に訪れた時は、夕方は賑わっていましたから。

九份4

それにしても、あの狭い階段に観光客殺到とはこのことです。
上がるも地獄、下がるも地獄.....。

九份3

九份2

いちよう、「千と千尋.....」の油屋のモチーフになった建物も、
必死の思いで撮影しましたが、
このポイントへたどり着くまでにも一苦労でした。

というわけで、
夕暮れから夜にかけての九份にはたぶん二度と行かないでしょう、苦笑。

追伸
韓国の方も多かったのですが、
関西系のお姉さん方、おばさん方もことのほか多かったです。
デジカメやスマホで徘徊していました。



つづく。

テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

十分瀑布を写す

十分瀑布1

昨年の暮れ、台湾に1泊2日で行ってきました。
往復で16,000円ほど、台湾桃園空港に着くのが8時30分、
羽田に戻ってくるのが0時半なので、
目一杯2日間楽しめる日程にはなっていました。
しかも、ホテルはトリプルで7,000円ほど。

十分瀑布2

というわけで、平渓線には4回目の乗車で、
2度目の十分の滝へ。
前回は2002年ですが、道路や遊歩道は格段の差で整備されており、
かつて、スタンド・バイ・ミー並みに線路を歩いて向かったのがウソのようでした。

十分瀑布3

前回は5月に行ったのですが、水の色があまりよく無くて、
どんより気分でしたが、苦笑、
今回は水量も含めて気持ちがいいくらいのマイナスイオンでした。

十分瀑布5

十分瀑布4

十分瀑布6

何気に十分の駅から歩いてみたわけですが、
駅前でタクシーの呼び込みが激しかったのがわかるような気がしました。
おそらく瀑布の下まで行くと、駅から30分はかかると思います。
台北ナビには15分とありましたが、絶対そんなことない、藁。
水量の多いときは、なかなかの迫力なので、
一度は寄ってみて下さい。
ちなみに私がかつて10数年前に行った時は、
しけた売店しかなかったですが、
今では、レストランや屋台がたくさんありますので、
お腹がすいても困らないですよ。

つづく。
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行